本文へ移動

詐欺・悪質商法

こんな手口にご注意
○家庭訪問販売 被害にあった商品ではふとん、健康商品、外国製電気掃除機、家の屋根・壁の張替え、害虫処理などがあります。また最近では次々販売といって必要のない商品を二度三度買わせられ、何百万もの支払いをさせられる事例があります。
○SF(催眠)商法 安売りの名目で人を集め、閉め切った会場で限られた数の日用雑貨を無料で配り雰囲気を盛り上げて興奮状態にし、最後に高額な布団や磁気マットレス、健康食品などを売りつける商法です。
○かたり商法 「消防署の方から消火器の点検に来ました」などと官公署などから来たかのようなまぎわらしい言い方と服装で、消火器、表札、電話機などを売りつける商法です。
○利殖商法(先物取引) 金やとうもろこしなどの先物取引の勧誘を受けたことはありませんか。よくわからないことには手をださないほうが賢明です。
*悪質業者は手を変え品を変えて、甘い言葉で経済取引などの難しい話しをして騙そうとします。
*家の中に上がりこみ話し相手になってくれたり、肩をもんであげたり、うわべだけの親切を武器に高額な商品やサービスを売りつけます。
被害にあったら
○少しでも変だなと思ったらすぐに、警察や消費者センターなどへ相談をしましょう。
○購入者が一方的に契約を解除できる、クーリングオフ制度があります。訪問販売では、契約から8日間以内であればこの制度で解除できます。(はがきなどで契約解除通知文を契約した相手に通知する方法です。) 
だまされないために
○簡単にドアを開けずにまずは目的を聞きましょう。いったん入り込んだら何時間もしつこく勧誘します。
○うますぎるもうけ話には落とし穴があると疑ってかかりましょう。
○必要のないものは、きっぱりと断りましょう。中途半端な態度や優柔不断な対応は相手に付け込まれます。
○簡単に署名、押印はしない。お金もすぐに払わないで契約は慎重にしましょう。一人で判断せず、家族・知人に相談しましょう。
相談窓口
○北海道消費者センター 011-271-0999 (平日9:00~12:00,13:00~16:00)
○札幌市消費者センター 011-211-2121 (平日9:00~12:00,13:00~16:00)
○小樽市消費者センター 0134-23-7851 (平日10:00~17:00)
○北海道警察本部相談センター 011-241-9110 (平日8:45~17:30)
株式会社エヴァナム
〒064-0806
北海道札幌市中央区南六条西13丁目4番35号
TEL.011-522-2710
FAX.011-522-2711
■生活情報誌「悠悠と。」の発行
TOPへ戻る