本文へ移動

救急

救 急

家庭内事故防止
○出入り口の段差などでつまずく 段差を小さくするなど工夫して解消しましょう。また手すりを廊下、階段へ取り付けると良いでしょう。電気のコードやつまずきやすい物は通路に置かないように。
○トイレ、浴室の温度差が原因による発作等 居室との温度差を無くすために、暖房器具等を設置します。また、お風呂は一番風呂を避けた方が良いでしょう。
○電気毛布、カイロなどによる低温やけど 長時間の使用は避け、カイロなどは直接肌に触れないように気を付けましょう。
○食べ物をのどにつまらせる お餅などは小さく切ってから、カステラなど詰まらせやすいものは、水などを飲みながら食べましょう。
応急手当
○出血 傷口にきれいなガーゼ等を当て、強く押さえ止血しましょう。
○骨折 折れている骨の上下2ヵ所の関節が動かないように固定しましょう。
○やけど きれいな流水でよく冷やしましょう。衣類が皮膚にはりついているときは、無理にはがさないでそのまま冷やし、水泡ができても破らないように。
○のどつまり せきをさせ、さらに頭が肺より低くなるように体を曲げて、背中の肩甲骨の間を両手で強く4~5回たたきましょう。
 
●心肺蘇生法
1.意識の有無を確認する。
2.口の中を調べ、異物がある場合は取り除く。
3.意識がなかったら、気道を確保する。
4.呼吸の有無を調べる。
5.呼吸がないときは人工呼吸を行う。
   ①鼻をつまむ。 
   ②大きく口をあけて静かに2回息を吹き込む。 
   ③口を離し、胸の動くを確認する。 
   ④以降は5秒に1回ずつ。
6.脈の確認
7.脈がなかったら心臓マッサージを行う。
   ①両手を重ね、手のひらの付け根を胸骨の下半分に置きます。
   ②肘をまっすぐに伸ばし、胸全体が3.5~5㎝圧迫します。
この動作を1分間に80~100回のリズムで繰り返しましょう。
救命講習
救命講習で、いざという時のために心肺蘇生法を身に付けましょう。
○札幌市消防局 「9」のつく日に開催(毎月9日・19日・29日)
お問合せは (財)札幌市防災協会 011-533-7371(平日8:45~17:15)
○小樽市消防本部 「救急ボランティアの日」毎月第3日曜日
お問合せは 小樽市消防本部 0134-22-9137(平日8:50~17:20)
救急車の呼び方
○119番通報する。救急であること、住所、誰が、どうしたかを明確に伝える。
○症状を伝え、応急処置などのしかたを聞く。
○倒れたままの状態で放置せず、楽な姿勢にして救急車を待つ。
○場所がわかりづらいときは、外に出て誘導する。
○応急処置の内容、持病、かかりつけの病院などがあれば伝える。
*緊急性のないものでタクシーの代わりに利用することは避けてください。
緊急通報装置
○おおむね65歳以上の一人暮らしの方、または高齢者の方のみの世帯で、心臓や高血圧などの慢性疾患で、日常生活を送る上で緊急時に不安のある方などが対象です。 札幌の場合は緊急時ボタンを押すと自動的に消防局につながり対応します。小樽の場合はボタンを押すと警備会社につながり対応します。
●詳しいお問合せは
札幌市各区役所保健福祉サービス課 (平日8:45~17:15)
中央区役所 011-231-2400 北区役所 011-757-2400
東区役所 011-741-2400 白石区役所 011-861-2400
厚別区役所 011-895-2400 豊平区役所 011-822-2400
清田区役所 011-889-2400 南区役所 011-582-2400
西区役所 011-641-2400 手稲区役所 011-681-2400
小樽市高齢福祉課(平日9:00~17:20) 0134-32-4111
救急病院・当番医院
○北海道救急医療・広域災害情報システム
料金無料でその日その時の医療機関情報を教えてくれます。
0120-20-8699 携帯電話・PHSは有料で 011-221-8699
最寄りの各消防署
災害・火災案内 011-201-0011
中央消防署 011-215-2120 北消防署 011-737-2100
東消防署 011-781-2100 白石消防署 011-861-2100
厚別消防署 011-892-2100 豊平消防署 011-852-2100
清田消防署 011-883-2100 南消防署 011-581-2100
西消防署 011-667-2100 手稲消防署 011-681-2100
(財)札幌市防災協会 011-533-7371
小樽市消防本部 0134-22-9137 消防署 0134-22-9171
株式会社エヴァナム
〒064-0806
北海道札幌市中央区南六条西13丁目4番35号
TEL.011-522-2710
FAX.011-522-2711
■生活情報誌「悠悠と。」の発行
TOPへ戻る