本文へ移動

火事

火 災

火事を防ぐために
○ストーブの持ち運びは、火を消してから行うようにしましょう。燃えやすい物や、物が落下しそうな所では使用しないこと。ソトーブ上に洗濯物を干すのはやめましょう。
○たばこの火の始末に気をつけ寝たばこは絶対にしないようにしましょう。
○コンロに火がついている時はその場を離れず、電話や来客等で離れる時は、火を消してからにしましょう。特にてんぷら油には注意を。
○電気火災の原因となるので、コンセントのほこり、タコ足配線、コードの上に物を置くなどしないようにしましょう。
○放火にあわないために、家の周りに燃えやすい物を置かないようにし、片づけておきましょう。
もし火事がおきたら
○まわりの人に早く、大きな声で知らせ、119番通報してください。
○消火にこだわりすぎると、炎や煙にまかれて避難できなくなる場合があります。無理をしないことも消火の心得です。 (一つの目安としては、火が天井に達した時です。)
○最近の建築材料は、有毒ガスを発生し、煙で被害にあうことがあります。火が見えなくても煙が多い時はすぐに逃げましょう。
○避難する時は方向の異なる2つ以上の逃げ道を決めておきましょう。特に冬場はベランダの雪を除雪しておきましょう。
○逃げる時は服装や持ち物にこだわらず、煙の中は濡らしたハンカチ、タオルで口や鼻を覆い、低い姿勢で避難しましょう。
備 え
○普段から家族や町内会で防災について話し合っておくと良いでしょう。(どう逃げるのか、寝たきりの方はどの部屋にいるのかなど)
○消火器や住宅用火災警報器(火災による煙や熱を感知し、警報音で火災の発生を知らせる機械)を設置し、防炎寝具などを使用しましょう。 (財)札幌市防災協会では各防災用品を販売しています。
○防火防災訓練などには積極的に参加しましょう。
119番のかけ方
①あわてず火事か救急かはっきり言う。
②正確な住所を伝える。
③何が(誰が)どうしたか。
④通報者の名前、電話番号を。
株式会社エヴァナム
〒064-0806
北海道札幌市中央区南六条西13丁目4番35号
TEL.011-522-2710
FAX.011-522-2711
■生活情報誌「悠悠と。」の発行
TOPへ戻る